自然葬を選ぶ人が増えている理由~樹木葬について

故人の遺骨や遺灰を自然の中に還す埋葬法を自然葬といいます。


日本ではまだあまりなじみのない方法ですが、海外では古くから様々な自然葬が行われてきました。 有名なのは、海や川に散骨したり、遺灰を撒いたりするという方法ですが、遺体を鳥に食べさせる鳥葬や、遺体を自然の中で風化させる風葬といったものもあります。

自然葬は、宗教や地域の風習として行われていることも多く、日本でそういった葬送を行うことは、法律上の理由から難しい場合が多いといえます。


しかし、日本でも行うことのできる自然葬として関心を集めているものもあります。



それは、樹木葬です。

樹木葬とは、遺体を埋葬し、その墓標の代わりに樹木を植えるという方法をいいます。


実は最近、自然回帰を望む人以外にも、樹木葬を選択する人が増えているのです。


その理由は二つあります。

一つ目は、自分が死ぬ前に自分の葬儀の方法を考えておくという人が増えていることです。樹木葬は墓石を立てるより安価で済み、法律上の問題もないため、自然葬の中でも選択しやすい方法であるといえます。


二つ目は、家族や家に対する考え方の変化によるものです。


現代の日本では、少子化や核家族化が進み、これまでのようにそれぞれの家が墓石を管理するということが難しくなってきています。
そのため、後々に管理をする必要がない樹木葬を選択する人が増えているのです。

YOMIURI ONLINEの専門サイトのこちらです。

また、樹木葬は個人単位で行うことができるため、生涯独身の人や、子供をもたない人にとっても大きなメリットがあります。