自然葬を行なうには故人の意志が大事

自然葬というのは山や海などの自然に、遺骨を撒く埋葬方法であり、近年注目されるようになってきました。
故人の遺志とそれを尊重する遺族の意思があってこそ行われるものではありますが、故人に関わる全ての方が自然葬に同意をするのかは疑問な部分もあり、最終的には故人の遺志を汲んで行なわれているケースも多いようです。

日本国内においては死者は火葬を行ない、墓石に弔うようになっていますが、少子高齢化の影響や墓石を購入することが経済的に難しいということが背景にあるとも言われています。特に少子高齢化においては問題も多く、子々孫々に至るまでお墓の管理をすることは難しい世の中になっていることは広く認知されていることでしょう。



自然葬はこのような背景をベースにして注目されるようになったという見方もできるでしょう。

今までに培ったノウハウを活かし、産経デジタルに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

一方で故人が自然に慣れ親しんで生きてきたという場合、死後は自然に還りたいと願うのであればその願いは叶えるべきであり、故人も喜んでくれるでしょう。遺族としては何らかの形として残しておきたいというのであれば、粉砕した遺骨を少量自宅に持ち帰って保管するということもできます。



三回忌や七回忌などの節目の法要に関しても自然葬をしたとしても関係なく行えるものであり、要は墓石を持つか持たないかということだけを考えた場合、そのメリットは大きいと言えるでしょう。何よりも故人が願う形で埋葬をしてあげるのが良い弔いの方法といえるでしょう。