自然葬の種類について

自然葬とは、遺体や遺骨を海や山などの自然に還すもので、近年、宗教や宗派にとらわれることなく葬儀の形が多様化してきて墓に入るのではなく、自然に還りたいと考える人が増えてきているため、注目されるようになりました。

厳選したYahoo!ニュースの情報収集ができます。

散骨は古来から存在する供養の形で、中世までは日本でも散骨が一般的に行われ、墓への納骨は檀家制度が設けられるようになった江戸時代中頃からはじまったと言われています。
また、明治時代までは土葬が一般的でしたが、明治30年に伝染病を予防する目的で制定された伝染病予防法により火葬が広まり、現在に至ります。
現代では核家族化により、先祖の墓を管理できなくなる家庭も増えたため、様々な供養の形が生まれてきたのです。


自然葬は故人が生前、自然に還りたいと望んだ場合に行われますが、一部を自然に還し、残りの一部を墓地に納骨することも可能です。 自然葬には、海へ散骨する海洋葬、墓地を使用せず直接地中に散骨する樹木葬、空から散骨する風葬、遺体を鳥などの自然界に棲む動物に食べさせる鳥葬、湖などに遺骨を散骨する水葬、衛生ロケットで専用カプセルに納められた遺骨を打ち上げる宇宙葬などがあります。



ただ、自然葬は、どこでも自由な場所へ散骨して良い訳ではありません。

自宅や他人の私有地など、許可なく勝手に散骨するとトラブルになる可能性があるので、自然葬を取り扱っている葬儀業者に相談してトラブルや迷惑にならないように行う必要があります。