自然葬が注目される理由

自然葬とは、遺体や遺灰を墓石などの人工物の下に埋葬するのではなく、自然の中に還すという葬送法のことをいいます。


自然葬が行われる背景には、自然の中で生まれた人間を再び自然の循環に還すという考え方があり、海外では古くから一般的に行われてきました。

一口に自然葬といっても、散骨を行う場所は海、川、山、さらには宇宙など、様々です。

また、散骨をする方法だけでなく、森林に埋葬したり、埋葬した場所に樹木を植えたりするというように、自然物を墓標の代わりにするという方法もあります。

日本では、墓石の下に遺体を埋葬するという文化があり、埋葬法や散骨を規制する法律上の問題などからも、墓地での土葬が一般的になっています。
しかし、最近では、自然に回帰したいと考える人の他にも、自然葬を選択する人が増加しています。


少子化や核家族化などの影響で、先祖代々の墓を受け継ぎ、守るということが難しくなっていることから、子供や孫に負担をかけたくないという思いで自然葬を選択する人が増えているのです。



特に関心を集めている方法のひとつが、樹木葬です。



一般的に、新たに墓石を立てるのに比べてかかる費用が少ないことに加え、指定された霊園や墓地で行われるため、法律上の問題を気にする必要がないというメリットがあります。

日本経済新聞の情報はココで集まります。

また、樹木葬は、基本的に個人単位で行われるため、結婚していない人や、子供のいない人にとっても良い選択肢になっているといえます。